第七期平成30年度総会議事録

一般社団法人日本-ネパール親善協会の総会が下記の要領で開催されました。

日 時:令和1年6月29日(土)(29.June.2019)(総会:13:00~13:50)、懇親会(14:00~16:00)

会 場:牛スター上野店(ネパール通信社代表が経営する店)

出席社員:7名、委任状 14名 計22名、よって社員総数27名(海外在住者除く)の3分の1を超えて総会が成立。

 定刻の13時00に南副会長の開会の辞で開会となり、引き続き南副会長の司会と定款の定めに順って山岸会長が議長に就任して審議に入り、以下の全議案が可決された。

 1号議案:役員変更登記報告

前役員の黒澤靖彦、金子武義、二宮理恵子各理事が平成26年6月30日付けで退任し、新たに山岸正、南正明、カルプ シェルパ、金子重雄、小林浩治、新井義宗の各理事及び小林紀男監事が平成30年12月2日付けで就任したことが、下記・別紙のとおり、平成31年1月29日付けで登記された。

2号議案:平成30年度日ネ協会計報告

(1)前年度繰越金を除いた平成30年度単年度は収入111,945円(前年度比17.4%減)、

支出165,393円(前年度比16.0%増)で53,448円の赤字。赤字の大きな要因は会費の減少(17.2%減)と役員変更登記の遅延によって30,000円の罰金を支払ったことなどで支出が増えたことである。

(2)但し、前年度分繰越金79,171円によって、次期繰越金は25,727円の黒字を維持した。

(3)しかし、これでは健全財政とは言えず、長期的な観点から会員増強や収益事業の導入が必至である。

3号議案:本社ビル解体に伴う本社移転について

 現在、屋主から解体・退去の通告を受けているが、借主(弊協会理事・タマング サンブーの店・「タメル)と屋主との移転に伴う保証契約が成立してないのでビルはまだ解体されてないが、早急に移転先を決めなくてはならない。 本社の移転は現在の豊島法務局区域以外に転出すると登記料だけでも3万円かかってしまい、これまで永年豊島区に所在する(社)日本-ネパール親善協会という知名度が失われので、可能であれば豊島区から離れたくないので、住所・電話だけでも間借りができないかと、同区内に居住の金子副会長に相談したところ、同氏のところへの移転を了解してくれた。幸いなことに、かって種々活用していた豊島区民センターの改築・改修工事が終了したので、会議室の利用等、活動拠点として事務所代わりに活用できる。

4号議案:収益事業の導入・展開

  前2号議案の収支報告で明らかになったように、長期的な財政基盤の確立が必至の状況から、収益事業を導入して経営展開する必要が出てきた。現在、入国管理局の法律改正に伴って外国人の来日が増加しており、当然、ネパール人の出入国も増加しているので、次の事業を行うことによって収益を上げる。

1、ネパール人の出入国・就労・企業経営・生活等に伴う相談・支援・コン サルティング事業。

2、企業向けネパール人技能実習生及び特定技能者の受け入れに伴う相談・支援・コンサル事業。

3、ネパール物産の通販事業。

4、但し、以上の前3項の事業は、全て弊協会のホームページに窓口を設定して相談・情報収集及び広告・宣伝を主業務とし、実際の事業展開は提携企業に委託して弊協会は仲介手数料によって収益を得るものとする。

5号議案:会員拡大の為の月間Webネパール情報誌の発刊。

  会員の増加が進まないことや、年会費の未払いや脱会などの原因は、弊協会として会費に見合ったサービス供給が不十分であることにあり、今後の会員拡大のためにもネパール情報誌(Web形式)の発刊は喫緊の課題である。例えば、ネパール人経営の情報機関と提携して情報を収集し、その中から日本人向けの情報を四捨選択したものを日本語に訳して発信する。

6号議案:桑原元副会長に対する団扇及び企画料異議申し立ての再追求

 桑原元副会長の団扇及び企画料の不正詐取問題については、本人が一向に対応せず、また対象商品の製造・企画元及び請求書発行元の(株)ノーテイスデザインの鵜瀬社長に協力要請したにも関わらず、何の対応もしてないので、桑原氏と同列の異議申し立ての対象者として鵜瀬氏を決定して追求する。

具体的には、第五期総会において次の決定がなされているので、この決定に従って弊協会の返還請求額を両者が折半して支払うことを要求する。

(1)団扇製作について

 理事会の決議なしに①制作部数(5,000部)を決定(しかも桑原氏の友人・吉野氏が発注)、見積り無しで、請求額が市価の2倍、③団扇に弊協会の名前、住所、電話等の連絡先がない欠陥商品。よって、請求金額224,489円(支払済)の内、市価並みに勘案して100,000円の返還を請求する。本来であれば、これは欠陥商品なので弊協会には支払い義務はない。

(2)フェステバル企画料について

 この企画については、当初、弊協会独自にプロレスイベントを企画するために企画を依頼したのだが、途中で桑原氏の仲介で藤波プロレスが後楽園で開催する興業に相乗りすることになった。従ってその時点で企画自体がボツになったので、企画受託企業(株)ノーテイスデザイン社長の鵜瀬氏も素案のままでストップし、請求する積りはないことを確認済み。にも関わらず桑原氏から請求あった。よって、弊協会は企画を没と見なして請求金額324,000円の全額返金を要求したいが、桑原氏が外務省のロゴマーク使用のために一部使用していることを主張しているので、それを考慮して、それに100,000円を当てて、200,000円の返還を請求する。

以上、上記(1)項と(2)項の合計金額300,000円を両者が折半して150,000円づつ弊協会へ返還・支払うことを要求する。

7号議案:カウレタナ小学校の図書館建設支援終了後の課題

 前回の第6期総会にも提案したが、カウレタナ小学校の図書館建設のハード面は完了したものの、運営面の支援が必要と思われる。またこれらの支援を通じて結ばれた同校と弊協会の絆を断つことなく、双方の発展を期すべくイベントを企画したい。

 例えば、既に寄贈した図書館用のPCと弊協会のPCを結んで生徒の声や映像を弊協会のHPに載せて会員及び一般の方に発信する。また、日本とネパールの友好促進するために、自分に何が出来るか、何をしたい、というようなテーマで同校生徒に作文募集して、優秀者に賞金(1,2,3位者を合わせて1万円位)を出せば、日本について生徒も関心を高め、更に勉強するでしょう。

出席役員

山岸正会長、南正明副会長、カルプ シェルパ事務局長(副会長)、新井義宗理事

<懇親会風景>

第7期・総会開催のお知らせ(Announcement of the General Meeting of Japan-Nepal Friendship Society)

日 時:令和1年6月29日(土)(29.June.2019)(総会:13:00~13:50、懇親会:14:00~16:00)

会 場:アジアンダイニング&バー「グラス」(ネパール・インド料理。当協会理事・タパ氏が経営するレストラン)

住 所:荒川区東日暮里6-6-2 モナーク東日暮里101 電話&FAX:03-3801-8779

懇親会会費 :3,000円 Fee:3,000 yen

第六期平成29年度総会議事録

日 時   平成30年6月2日(土)  13時30分~14時30分

  場 所   グラス日暮里店

  出席社員:8名、委任状 14名 計22名、よって社員総数26名(海外在住者除く)の3分の1を超えて総会が成立。

 定刻の13時30に南副会長の開会の辞で開会となり、引き続き南副会長の司会と定款の定めに順って山岸会長が議長に就任して審議に入り、以下の全議案が可決された。

 

<可決された議案>

1号議案:「カウレタナ小学校慰問訪問団(2017.11.8~13)」報告

(1)カウレタナ小学校寄贈図書館オープニングセレモニー(2017.11.9)

  弊協会はカウレタナ小学校慰問訪問団を結成して2017年11月9日に現地を訪問しました。訪問メンバーは山岸会長、南副会長、シェルパ副会長、タパ理事、現地のネパール支部長のシェルパ理事及び他3名です。

ネパール訪問団の第一の目的は、ネパール大地震で倒壊したカウレタナ小学校に図書館を寄贈した最後の義援金(3回目)を持参することでした。これに対して、現地のカウレタナ小学校側が図書館棟の完成したことと合わせて図書館オープニングセレモニーを開催して、私たち訪問団を歓迎してくれました。以下、セレモニーの様子を示す写真

 写真下左:セレモニー参加の団員

     中:ネパール民族舞踊を披露する生徒右:弊協会に授与された感謝状

写真下左:寄贈者一覧名簿 図書館棟前の柱に貼付

   中:図書館棟、鉄筋コンクリート造り 向かって右が図書室 

全生徒に弊協会から文具類を寄贈 団員が一人・一人に手渡した

 

(2)ネパール観光旅行((2017.11.10~13)

 カウレタナ小学校訪問後、訪問団は視察を兼ねてネパールの世界遺産巡りを行いました。カトマンズ市内の寺院を初め、ルンビニ、チトワン、ポカラを訪問しました。以下は主な観光スポット。

(3)「カウレタナ小学校慰問訪問団」収支報告

 今回のネパール慰問訪問団は日本から下表の5名が参加し、収支は以下の通りです。総収入1,043,624、総支出1,043,624で収支ゼロ、内消費税は73,350円でした。

なお、上記現地旅費に対して徴収した消費税29,998円は支払い先が海外の為に支払い不要となった為に未払金になっているが、審議の結果協会の旅行事業の収益金として算入することにした。

2号議案:義援金収支最終報告

  今回のカウレタナ訪問で最終回・3回目分の10万円を持参して、同校への義援金支払いは終了しました。以下の通り収支を報告します。

  総義援金収入685,032円を3回に分割して、第1回は平成27年12月に200,000円、第2回は平成28年3月に200,000円、第3回は平成30年11月に100,000円、及びその他諸経費を含めて合計657,040円を支払いました。その結果、27,992円の残金となりました。

3号議案:平成29年度日ネ協会計報告

(1)前年度繰越金を除いた平成29年度単年度は収入135,535円、支出142,539円で7,004円の赤字です。

(2)前年度分繰越金、義援金収支及び旅行事業収支を含めた総合収支では、前年度繰越金128,049円、会員及び役員年会費134,000円、義援金残高27,992円、旅行事業収益29,998円等の総収入321,710円に対して、支出は義援金支払い100、000円、電話代103,737円等の総支出242,539円で、79,171円の黒字となりました。

4号議案:役員改選及び登記について

 (1)前期は桑原副会長を解任し、金子重雄理事の副会長就任、及び他  理事は全員重任しましたが、登記をしておりませんので今期に登録します。

  (2)設立当初からの山岸会長就任が長年に至っており、会長改選を提案しましたが、引き受けていただく方が居なかった為、当面山岸会長が続投するが、継続課題とすることになった。

5号議案:その他

 (1)カウレタナ小学校の図書館建設のハード的面は完了したものの、今後の運営等ソフト面の支援が必要かと思われるのでご検討をお願いしたところ、何らかの支援を続けてゆく事になった。

(2)会員サービスが不十分で、会員も増えないので、月一回位のネパール便りを発信したいので検討をお願いしたところ、月一回くらいの情報誌を刊行することになった。

(3)ホームページを活用して。例えば、ネパール人のバイトや通訳・翻訳の派遣情報の発信等を提案したが、シェルパ副会長の自分の体験から通訳・翻訳は本人の一定の通訳力・翻訳力のある方を確保することが難しく、事業化は無理とのことでした。また、バイト派遣は継続課題とすることになった。

(4)シェルパ副会長の提案で、日本―ネパール外交樹立61周年に際してのイベントをやりたい旨の提案があって審議したが、去年の60周年記念事業のプロレスで大きな赤字を出したので、慎重な意見が多かったたが、赤字を出さない前提でネパールの芸能人を招請してイベントを開催することを継続課題とすることにした。

第五期平成29年度総会議事録

第五期平成29年度総会議事録

日 時   平成29年7月15日(火)  13時~14時

場 所   グラス日暮里店

  出席社員:11名、委任状 11名 計22名、よって社員総数27名

 (海外在住者除く)の3分の1を超えて総会が成立。

 一部役員の遅刻により定刻より一時間遅れの14時00に南副会長の開会

 の辞で開会となり、定款の定めに従って山岸会長が議長に就任して審議に入

 り、全議案が可決された。

 

<可決された議事>

<議題>

1、「日本―ネパール スマイル フェステバル」の収支報告と赤字について

 当イベントは、収入:900,664円、支出:1,989,955円で、

 1、089,291円の赤字出会った。

(1)赤字の原因について

  ①販売期間(約2ヶ月)が短かったのでチケット販売及び②広告販売が

  不調だった、③桑原副会長関連の宣伝効果がなかった団扇制作費と既に使

  命を失っている未完の企画書の請求額が赤字原因の大きな比重を占めた、

  ④後楽園会場費100万円の負担が大きかった、⑤物販店の販売不調な

  ど。

(2)赤字処理について

 ①ネパール関係のイベント会場等に物販・飲食店を出店して利益を上げる、

 ②協会自体が営利事業を開業して利益を上げる、

 ③賛助会員の増強による収入増を図る。

 ④物販店未販売の酒類(シェルバ副会長が代金総額80万円の内60万円

 支払い済み)の処理についてはネパールレストラン等に販売委託及び協会

 役員や会員に購入してもらう。

 ⑤上記の(1)③項の赤字原因の一つである桑原副会長に関しては、以下の

 ような疑義があるので30万円の返金を請求する。

(1)団扇製作について

  理事会の決議なしに①制作部数(5,000部)決定(しかも桑原氏の友

  人・吉野氏が発注)、見積り無しで、請求額が市価の2倍、③団扇に我が

  協会の名前、住所、電話等の連絡先がない。

  よって、請求金額224,489円の内、市価並みに勘案して

  100,000円の返還を請求する。

(2)フェステバル企画料について

  この企画については、当初、わが協会独自にプロレスイベントを企画する

  ために企画を依頼したのだが、途中で桑原氏の仲介で藤波プロレスが後楽

  園で開催する興業に相乗りすることになった。従ってその時点で企画自体

  がボツになったので、企画受託企業(株)ノーテイスデザイン社長の鵜瀬

  氏も素案のままでストップし、請求する積りはないことを確認済み。にも

  関わらず桑原氏から請求あった。

  よって、我が協会は企画を没と見なして請求金額324,000円を全額

  返金請求したいが、桑原氏が外務省のロゴマーク使用のために一部使用し

  ていることを主張しているので、それを考慮して、それに100,000

  円を当てて、200,000円の返還を請求する。

 

2、平成28年度会計報告

(1)繰越金を除いた平成28年度単年度は5,890円の赤字、

(2)総合収支については、プロレス関係の実質大幅赤字の穴埋めに山岸会

 長とシェルパ副会長の立替分が収入の部に計上され、またシンドパルチョー

 ク・カルハナ小学校図書館建設義援金の未払い残が計上されているので年度

 末繰越金が計上されているが、実質は大幅赤字

(3)今後、公的プロジェクトを受注する場合は会計上の黒字化が課題、

3、シンドパルチョーク・キャウレタナ小学校図書館建設の経過報告と現地見

 学旅行企画について

(1)2回目の義援金を現地に20万円持参したシェルパ副会長の現地報告

   シェルパ副会長は「建設工事の進捗は水源が地震で遠隔地に移動してし

   まって難航しているが、漸く屋根部分の枠組みが完成したので、これに

   壁材を張り付ければ完成するだろう」と報告

(2)現地シンドパルチョーク・カルファナ小学校図書館見学旅行の企画につ

   いて

 ①時期は乾季の10月頃、②旅程はシンドパルチョーク訪問のみと他の観光

  旅行をミックスしたコース

 ②政府やJETRO等のイベントで補助金獲得や参加希望者募集をやる方法を

  考える。

 

4、役員改選について

(1)今期は役員改選期に当たり、桑原副会長を除いて全員が再任する.

  桑原副会長については、プロレス関係の赤字に関わる企画やボランテイア

  団体の役員としての資質に疑問があるので再任を見送った。

(2)金子重雄理事の副会長就任

(3)設立当初に山岸会長の個人的縁故で役員就任をお願いして現在に至

   っている何人かの役員については、協会も設立後5年が経過してネパー

   ルに思いを持つ集団体制を確立する必要が出て来ており、また本人も会

   長にお付き合いの気持ちで付き合っていただいて内心ご負担を感じてお

   られる方もいると思いますので、後日御意向をお伺いして進退を決めて

   戴きたいと思います。

6、その他

 ①ホームページの改善及び活用。例えば、HP上に物販コーナーやネパール

  情報の発信等。

 

平成29年度第一回理事会報告

平成29年4月25日に「平成29年度第一回理事会」を開催しました。以下の議事録を以て報告とさせていただきます。

平成29年度第一回理事会議事録
        日 時   平成29年 4月25日(火)  13時~14時
  場 所   グラス日暮里店
  出席者   山岸会長・南副会長・シェルパ副会長・金子重雄理事・アンマル タパ理事・
        ナラヤン デプコタ理事          以上6名
  欠席者   11名 (委任状 4名) 理事合計19名(海外在住理事を除く)
 以上6名+委任状4名、計10名の過半数の理事出席のもとに審議に入り、次の議事が可決されました。
<可決された議事>
1、「日本―ネパール スマイル フェステバル」の収支報告と赤字について

(1)赤字の原因について
  ①販売期間(約2ヶ月)が短かったのでチケット販売及び②広告販売が不            調だった、③桑原副会長関連の宣伝効果がなかった団扇制作費と既に使            命を失っている未完の企画書の請求額が赤字原因の大きな比重を占め                た、④後楽園会場費100万円の負担が大きかった、⑤物販店の販売不            調など。
(2)赤字処理について
  ①ネパール関係のイベント会場等に物販・飲食店を出店して利益を上げ              る、
       ②協会自体が営利事業を開業して利益を上げる、
       ③賛助会員の増強による収入増を図る。
    ④上記③項の赤字原因の一つである桑原副会長に責任を負ってもらい20            万円の返金を請求する。
      ⑤物販店未販売の酒類(シェルバ副会長が代金総額80万円の内60万円           支払い済み)の処理についてはネパールレストラン等に販売委託及び協            会役員や会員に購入してもらう。
 2、平成28年度会計報告
    (1)繰越金を除いた平成28年度単年度は5,890円の赤字、
    (2)総合収支については、プロレス関係の実質大幅赤字の穴埋めに山岸                 会長とシェルパ副会長の立替分が収入の部に計上され、またシンドパ               ルチョーク・キャルタナ小学校図書館建設義援金の未払い残が計上 されているので年度末繰越金が計上されているが、実質は大幅赤字
 (3)今後、公的プロジェクトを受注する場合は会計上の黒字化が課題、

3、シンドパルチョーク・キャウレタナ小学校図書館建設の経過報告と現地見学旅行企画について、
 (1)2回目の義援金を現地に20万円持参したシェルパ副会長の現地報告
    シェルパ副会長は「建設工事の進捗は水源が地震で遠隔地に移動してしまって難航しているが、漸く屋根部分の枠組みが完成したので、これに壁材を張り付ければ完成するだろう」と報告
 
(2)現地見学旅行の企画について
 ①時期は乾季の10月頃、②旅程はシンドパルチョーク訪問のみと他の観光旅行をミックスしたコース
 ②政府やJETRO等のイベントで補助金獲得や参加希望者募集をやる方法を考える。
4、役員改選について
 (1)今期は役員改選期に当たり、桑原副会長を除いて全員が重任する.
桑原副会長については、プロレス関係の赤字に関わる企画やボランテイア団体の役員としての資質に疑問があるので重任を見送った。
(2)金子重雄理事の副会長就任
  (3)設立当初に山岸会長の個人的縁故で役員就任をお願いして現在に至っている何人かの役員については、協会も設立後5年が経過してネパールに思いを持つ集団体制を確立する必要が出て来ており、また本人も会長にお付き合いの気持ちで付き合っていただいて内心ご負担を感じておられる方もいると思いますので、後日御意向をお伺いして進退を決めて戴きたいと思います。