私たちは日本国とネパール連邦共和国の親善を促進し、両国民の交流を通じて相互の平和と発展を築くことを目的に諸活動を行う会員制の団体です。両国民及び両国に縁のある個人及び法人はどなた様でも会員になれますので、是非会員になって両国の架け橋になって下さい。

     カウレタナ小学校寄贈図書館オープニングセレモニー    皆様の義援金による図書館棟が漸く完成しました!! 

 私達・ネパール訪問団は、2017年11月9日にシンドパルチョーク・カウレタナ小学校へ寄贈した図書館のオープニングセルモニーに参加してきました。海抜2,000m程の丘の上に立つ天空の校舎(写真1)はネパール大地震で倒壊して建てられた真新しい建物で、その校舎から10m程離れて校舎と直角の位置に私たちが寄贈した鉄筋コンクリート造りの図書館(写真2)が建っていました。校舎同様に分厚いコンクリート壁に囲まれた頑丈な建物で今後如何なる大地震が来ても倒壊することは無いぞ、といった佇まいでした。

 私達訪問団は、全校生徒・学校職員及び村長を初めとする村民の皆様の歓迎を受け、花のレイを首に、ネパール帽を頭に戴いて来賓席に着座致しました(写真3)。私達来賓の前の校庭では生徒達が歓迎の民族舞踊(写真4)を披露し、私達の心を和ましてくれました。続いて学校を代表してオリ校長の感謝の挨拶と日本-ネパール親善協会の山岸会長が挨拶してお互いに親善の拍手(写真4)をして、本日のメインイベントである図書館建設義援金寄贈者全員の銘板の除幕(写真5)を行ないました。更に、カウレタナ小学校から弊協会に対して感謝状(写真5)が授与され、また、今回のイベントに多大な協力をした地元出身のカルプ シェルパ副会長及び同婦人、文房具その他の茶菓を生徒に寄贈した弊協会のアンガミ シェルパ・ネパール支部代表にも感謝状が授与された。最後に、前記の文房具その他茶菓を生徒全員に配布(写真6)を配布して終了。

 義援金寄贈者の皆様、カウレタナ小学校の図書館棟が完成しましたので改めて茲に御礼申し上げます。未だ図書館内の本や備品については十分ではありませんが、徐々に充実させて参りたいと思いますので引き続きご協力・ご支援をお願い申し上げます。                         

一般社団法人日本-ネパール親善協会 

      会長 山岸 正       

             

<上掲写真の再説明>左側上から「地震で崩壊後新築された校舎」、「セレモニーに参加した弊協会団員」、「カウレタナ小学校校長と握手する山岸会長」、「カウレタナ小学校から弊協会に授与された感謝状」右側上から「弊協会の義援金で建設された図書館棟」、「生徒が披露した民族舞踊」、「図書館棟前の壁に貼付されている義援金寄贈者全員の氏名を記載した銘板」、「弊協会のネパール支部が寄贈した文房具等を団員から受け取る生徒たち」

<上掲感謝状の翻訳文>

日本-ネパール親善協会 殿

日本国 東京

この感謝状は、2015年4月25日に起きた破壊的なネパール地震とその余震によってグパ ジャミレ メラムチ地区9番地に立地していた本校が全壊し、その全体的な復旧の中に含まれている図書館棟の建設、本、環境衛生施設、教材等のために寄贈した寄付金に対して高い敬意を込めて日本-ネパール親善協会に授与するものです。家族を含む我々全ての学校関係者は、貴協会によってこの学校に供与された貴重な協力に対して心から感謝しています。 私たちは、この学校の発展のために、将来においても貴協会からこのような協力を継続的に得られることを願っています。

S.M.T.会長 シェラプドルジェ タマング氏 (サイン)        T.G.A会長 プマ バハドール タマング氏 (サイン)         主賓・メラムチ地区会長 カマル Bdr カドカ氏 (サイン)

日付:2017年10月9日

 

<寄贈者銘板掲載の氏名・住所等>

Japan-Nepal Friendship Society

List of donor  of   o f Nepal Great Earthquake Disaster Relief (Library Construction) 

 
       
No. English Name   Address            Identification
1 Toshio Suzuki Adachi‐ku Tokyo Adviser
2 Akira Arai Nerima‐ku Tokyo Adviser
3 Tadashi Yamagishi Koga‐city Ibaraki Chairman
4 Takeyosi Kaneko Hayama‐machi Kanagawa Former vice chairman
5 Yukiyoshi Kido Saitama‐city Saitama Former vice chairman
6 Masaaki Minami Chiba-city Chiba Vice-chairman
7 Karp Sherpa Inashiki-city Ibaraki Vice-chairman
8 Shigeo Kaneko Toshima-ku Tokyo Vice-chairman
9 Toshio Kobayashi Asaka‐city Saitama Accounting auditor
10 Masami Taniguchi Minato-ku Tokyo Accounting auditor
11 Yoshisuke Iijima Itakura-machi Gunma Director
12 Yasufumi Kawano Ebina-city Kanagawa Director
13 Mitsuo Kuwahara Yokohama-city Kanagawa  Formar Director
14 Nobutake Sugawara Matsushima-city Miyagi Director
15 Tadanao Yamagishi Inasiki-city Ibaraki Director
16 Fashion-Gunma Tatebayashi-city Gunma Our member
17 Tetsuji Amemiya Sagamihara-city Kanagawa Our member
18 Toshihiko Gomi Saitama-city Saitama Our member
19 Tatsuya Negishi Kokubunji-city Tokyo Our member
20 Kazuhide Yamagishi Saitama-cjty Saitama Our member
21 Goro Yamashita  Koto-ku Tokyo General giver
22 Natsuko Ihara Yachimata-city Chiba General giver
24 Yuuji Oosawa Meguro-ku Tokyo General giver
25 Kouji Kaneko Taito-ku Tokyo General giver
26 Iwao Kato Yokohama-city Kanagawa  General giver
27 Hatumitsu Kawachi Ooizumi-machi Gunma General giver
28 Yaeko Kogure Itakura-machi Gunma General giver
29 Eiji Gomi Yokohama-city Kanagawa  General giver
30 Makoto Gomi Saku-city Nagano General giver
31 Takaaki Gomi Miyota-machi Nagano General giver
32 Peeuji Tamang  Toshima-ku Tokyo General giver
33 Kiyoshi Nagakawa Shinjuku-ku Tokyo General giver
34 Makoto Yamagishi Meguro-ku Tokyo General giver
35 Hiroshi Yamamoto  Atsugi‐si Kanagawa General giver
36 Sugako Wada Nerima‐ku Tokyo General giver
37 Takako Akutsu Nerima‐ku Tokyo General giver
38 Junichi Araumi  Kawaguchi-city Saitama General giver
39 Nobuo Ueda Suginami-ku Tokyo General giver
40 Eizo Ogino Hino-city Tokyo General giver
41 Kaoru Kaneko Maebashi-city Gunma General giver
42 Kenichi Kunichika  Hiratsuka-city Kanagawa General giver
43 Teruko Kouda  Koshigaya-city Saitama General giver
44 Noboru Kojima Kiyose-city Tokyo General giver
45 Susumu Koya Koganei-city Tokyo General giver
46 Teruhisa Koyama Chiba-city Chiba General giver
47 Takeko Saito Shinagawa-ku Tokyo  General giver
48 Youji Tachibana Arakawa-ku tokyo General giver
49 Yozou Tanaka Koto-ku Tokyo General giver
50 Kiyoshi Nakamura Saitama-city Saitama General giver
51 Katsumi Negishi  Itakura-machi Gunma Generalgiver             
52 Mutsuko Nomura Maebashi-city Gunma  General giver
53 Kiichiro Hasumi Urayasu-city Chiba General giver
54 Iwao Hukushima  Kokubunji-city Tokyo General giver
55 Michihide Yamagishi  Setagaya-ku Tokyo General giver
56 Shinobu Yamamoto Ageo-city Saitama General giver
57 Donators at street In many places General giver
1 Library designers Address Identification
 
 Mitsutakekikaku Architechtual 
 Design office    Architect Kouji Kaneko    
 
Taito‐ku Tokyo General giver

 

                            

 

 

 

ヒマラヤンと藤波両選手の夢のマッチ実現!!!

平成28年10月29日、後楽園ホールでネパールの英雄・ヒマラヤンタイガーと日本の大御所・藤波辰爾両選手の国際親善試合が実現しました。外務省認定の「日本・ネパール外交関係樹立60周年記念事業」の一環として日本とネパールとの友好親善を促進するイベントが茲に実現し、更なる進展への一歩を踏み出しました。また同時に併設しましたネパール物産展も好評でした。

このイベントにご支援・ご協力して戴いた皆様に厚くお礼を申し上げますとともに、当日会場にご参加できなかった方々に写真を添付しましてご報告とさせて戴きます。

  • %e5%be%8c%e6%a5%bd%e5%9c%92%e3%83%9b%e3%83%bc%e3%83%ab%e3%82%b9%e3%83%9e%e3%82%a4%e3%83%ab%e3%82%a4%e3%83%99%e3%83%b3%e3%83%88001%e5%be%8c%e6%a5%bd%e5%9c%92%e3%83%9b%e3%83%bc%e3%83%ab%e3%82%b9%e3%83%9e%e3%82%a4%e3%83%ab%e3%82%a4%e3%83%99%e3%83%b3%e3%83%8800%ef%bc%95%e5%be%8c%e6%a5%bd%e5%9c%92%e3%82%b9%e3%83%9e%e3%82%a4%e3%83%ab%e3%82%a4%e3%83%99%e3%83%b3%e3%83%88001%e5%be%8c%e6%a5%bd%e5%9c%92%e3%82%b9%e3%83%9e%e3%82%a4%e3%83%ab%e3%82%a4%e3%83%99%e3%83%b3%e3%83%8800%ef%bc%92%e5%be%8c%e6%a5%bd%e5%9c%92%e3%82%b9%e3%83%9e%e3%82%a4%e3%83%ab%e3%82%a4%e3%83%99%e3%83%b3%e3%83%88%ef%bc%90%ef%bc%90%ef%bc%93

 

 

ヒマラヤン タイガー来日!!! 

後楽園ホールで藤波辰爾レスラーとエキシビジョンマッチ

先般、告示しました外務省認定の「日本・ネパール外交関係樹立60周年記念事業」として弊協会が主催する「日本-ネパール スマイル フェステバル」の詳細が決まりました。プロレスのエキシビジョンマッチと文化交流の「ネパール物産展」「ネパール民族舞踊・音楽」、「日本食紹介」の日時・会場・入場料は以下のとおりです。  皆様のご来場をお待ちしております。

日 時:平成28年10月29日(土) 16:00開場 17:00スタート     会 場:後楽園ホール                         入場料:5,000円(弊協会はB席全指定)

エキシシビジョンマッチ参加のヒマラヤンタイガーと藤波チーム参加メンバーチラシ

image-1

045

N-FestivalIMG_1206

IMG_1200N-Festival

%e6%b0%91%e8%8a%b8%e5%93%81%e3%83%91%e3%82%b7%e3%83%a5%e3%83%9f%e3%83%8a%e3%82%b9%e3%83%88%e3%83%bc%e3%83%abimg_9307%e9%85%92%e9%a1%9e

外務省「日本・ネパール外交関係樹立60周年記念事業」認定!!

Recognized ” the 60th anniversary of the establishment of diplomatic relations between Japan and Nepal” of the Ministry of Foreign Affairs! ! !

日本とネパールの友好親善促進の為に弊協会が企画しております国際イベント「日本-ネパール スマイル フェステイバル」が外務省の「日本・ネパール外交関係樹立60周年記念事業」に認定されました。

International events “Japan-Nepal Smile Festival” that our society is planning for friendship promotion between Japan and Nepal has been recognized as event of “the 60th anniversary of the establishment of diplomatic relations between Japan and Nepal ” of the Ministry of Foreign Affairs.

このイベントは、ネパールの人気プロレスラー・ヒマラヤン タイガーを日本に招請して、日本のプロレス界の大御所・藤波辰爾プロレスラーと「国際エキシビジョン マッチ」を行うものです。またその他レスラーの試合も行われると同時に日本とネパールの文化交流の一環として「ネパール民族舞踊・音楽」、「ネパール物産展」や「日本食紹介」コーナーなどが併設されます。

This event is the “International Exhibition Match” of -Himalayan Tiger, who is most  popular professional wrestler in Nepal and we will invite to Japan, and Tatsuji Fujinami professional wrestler , who is one of boss of professional wrestling in Japan.At the same time, match of other Japanese wrestler will be taken.Also as a part of cultural exchange between Japan and Nepal, this festival will provide such as corner “Nepal ethnic folk dance and music”, “Exhibition of Nepalese goods ” and “Japanese food introduction”.

 日 時:平成28年10月29日(土)16:00~19:30

 Date & Time:29th.October.2016(Saturday). 16:00to19:30

    会 場:後楽園ホール

 Venue: Korakuen Hall

 主 催:一般社団法人日本-ネパール親善協会 ・株式会社シーホースコ                     ー ポレーション(藤波プロレスラー事務所)

 

 Organized by:Japan-Nepal Friendship Sociaty, Sea Horse        corporation(Ltd.)  (Fujinami wrestler Office)

N-FestivalIMG_1206

 

義 援 金 贈 呈 式 報 告             

義援金贈呈式典式次第                                            (The order in the donation presentation ceremony)

  026                                         

司会・通訳:アムリット ダカル(日本‐ネパール親善協会理事)Moderator &Interpreter:Dhakal Amrit (Director of Nepal Friendship Society)                    

 

1、開会の辞・・・・・・・・・・金子武義(日本‐ネパール親善協会副会長)                                 1、Opening  declaration     Takeyoshi Kaneko(Vice president of Japan-Nepal Friendship Society)

2、義援金贈呈者・日本‐ネパール親善協会会長山岸正の挨拶                                                2、Greeting of donations presenters / Japan-Nepal Friendship Society Chairman / Tadashi  Yamagishi .019

 

 

 

写真:式典で挨拶する山岸会長

右隣はネパール国会議員ヤブ氏

 

 

3、義援金贈呈                                                                   3、The  donation presentation

022写真:山岸会長から義援金目録をオリ校長へ手渡す  

4、カウレタナ 小学校校長 / ガネシュ プラサド オリ氏の挨拶                                                           4、Greeting of Mr. Ganesh Prasad Oli / Kyaulethana Lower Secondary School principal.

5、ネパール連邦民主共和国・国会議員チタンドラ デブ ヤダブ博士(前・大統領の御子息)の挨拶                                                                                       .Greeting of Dr.Chandra Dev Yadav(Member of Parament/Son of expresident)

6、閉会の辞・・・ガナ シャム ポウデル・(日本‐ネパール親善協会理事)                                 6、Closing declaration・・Ghana Shyam Paudel(Director of Japan-Nepal Friendship Society)

Date:14th December 2015

    目 録  録  Donated  inventory

Ⅰ、義 援 金 

Ⅰ.Donation Money 

  1、目的:4月25日のネパール地震で倒壊した図書館の建設             1. PurposeConstruction of Library that was destroyed 25th April in            Nepal earthquake

 2、義援金総額:500,000円                                              

 2. donations total500,000 yen

 3、支払い方法:建築進度に応じて3回払い、1回目:200,000円、2回目:200,000円、3回目:100,000円    3.payment methodPayment is divided into 3 sections with the construction progress degree.  First time:200,000yen,2nd:200,000yen,3rd:100,000yen.                  

 Ⅱ、図書館設計図 2セット(1、意匠図‐①案及び②案、2、構造図)                                                  Ⅱ.2 sets of library construction blueprint(Design plan No1.and No2, ② Construction plan)

 

            一般社団法人日本‐ネパール親善協会  

JapanNepal Friendship Society

上記式典の動画は以下のYou Tube でご覧下さい。

 皆様へ! ネパール大地震災害義援金募集のお願い                                                                                                                                                                               

                                              平成27年12月4日                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                    一般社団法人 日本-ネパール親善協会                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                   

 大地震の内容:4月25日、カトマンズの北西80キロでマグニチュード(M)7.8の巨大地震(ゴルカ地震)、9,000人が死亡、1万7千人が負傷、国民の3割近くにあたる、およそ800万人が被災、90万戸の家が倒壊した。カトマンズ市内の世界遺産ダルバール広場では、多くの寺院や建物壊れ、観光名所の「ダラハラ塔」も倒壊。   更に5月12日にカトマンズの東60キロでM7.3の余震があり、200人が死亡、2,500人が負傷した。またエベレスト(8848メートル)山麓でも1千人近い人々が雪崩に襲われ、日本人男性1人を含む登山客が死亡した。

災害復旧の状況:最も被害が大きかったネパール中部、シンドゥパルチョク郡のチャウタラでは、90%以上の住宅が被害に遭い、その多くが今も手つかずのまま。特に山間部では道路が寸断したままで、テントなどの救援物資の輸送が大幅に遅れて復興は余り進んでおらず、今でも280万人の被災者がテントや食料などの支援を必要としている。特に支援が必要なのは子どもたちで、学校も行けず、家族や住む場所を失った子どもたちに人買いが近づき、甘い言葉で連れ去ろうとする事件が相次いでいるなど、犯罪も増えている。

 一般社団法人日本-ネパール親善協会はこの地震で被災された全ての皆様に心からお見舞い申し上げると同時に、今後、災害復興への支援を行なって参いりたいと思っております。

 つきましては、ネパール地震災害復興義援金の募集を行い、皆様から寄せられました暖かい義援金は、当初、日本赤十字社又は現地のロータリークラブ等を通じて被災者の救済や災害復興支援にてていただくく予定でしたが、義援金支援の有効性を高める為に直接現地で義援金を活用することを6月26日の総会で決定しました。下欄に示しました様に「最大規模被災地で倒壊した小中学校の図書館建設に活用」となりましたので、詳しい内容は下欄をご参照ください。

なお、誠に恐縮ですが義援金の振込料はご負担していただいて下記の口座にご入金くださりますようお願い申し上げます。

なお、皆様からの義援金はお名前と金額を一覧表にして逐次、弊協会のホームページに公表し、最後に収支報告と義援金の使途について報告いたします。従いましてお名前の匿名希望の方はお申し出てください。

 みずほ銀行(池袋支店)

店番号:230

口座番号:1687799 (普通預金)

一般社団法人日本-ネパール親善協会

ゆうちょ銀行(郵便貯金口座をお持ちの方に推奨)

店名:〇一八(ゼロイチハチ)

店番:018 口座番号:1654918

一般社団法人日本-ネパール親善協会

<お問い合わせ先>

URL:http://japanepal.orgE-Mail:info@japanepal.org

一般社団法人日本-ネパール親善協会 ネパール地震災害義援金募員係 

本部:東京都豊島区東池袋1-14-12本多ビル

電話:03-5985-4945 FAX:03-5985-4954

ネパール地震写真2(2015.5.6ダカル  ネパール地震写真6(2015.5.6ダカル)ネパール地震写真4(2015.5.6ダカル  ネパール地震写真5(2015.5.6ダカル                                                                                                                    

  ネパール大地震義援金寄贈者への御礼

                                                                            (2015年12月4日現在)

義援金寄贈各位 殿

 今回のネパール大地震に於ける皆様の暖かいご支援に対しまして心より御礼申し上げます。  お陰さまで12月4日現在、「寄贈者一覧表」の通り66万円余の募金が集まりました。

 但し、当協会としましてはネパール現地の惨状を鑑みまして当面100万円の募金を目標にしておりますので、更に皆様の知人・友人などにも募金の輪を広げるなどご支援・協力賜りますようお願い申し上げます。

 なお、義援金の寄贈者リストをご覧なりたい方は次のブルー文字の「寄贈者一覧」をクリックしてください。                                    

寄贈者一覧

皆様の義援金の使途が総会で決定 !!

最大規模被災地で倒壊した小中学校の図書館建設に活用

6月26日(社)日本-ネパール親善協会の総会で義援金の活用方法が下記のとおり決定しました。

支援地域:最大規模の被害を受けたネパール・シンドゥパルチョーク地区

義援金の使途:同地区の倒壊した小中学校建設のうち、当協会が担う図書館建設資金に活用する。

記念碑建設:義援金寄贈者の資金提供の証として記念碑を建立して寄贈者全員の氏名を明記する。

最大規模の被害を受けたネパール・シンドゥパルチョーク地区とは

1、シンドゥーパルチョーク郡の概況                                          ネパールの75の郡のひとつ。 開発区域区分:中部開発区域、県:バグマティ県、郡庁所在地:チョータラ、面積: 2542km²、 人口:287,798人 ネパール地震で特に甚大な被害があり、ネパール政府から優先地域に指定された。

2、ネパール政府が指定した災害支援優先地域                                   政府は、国家緊急事態宣言を発し、政府の総力を挙げて人命の救出と緊急支援に当たっています。政府は、地震により大きな被害を受けた21郡のうち特に甚大な被害を受けた11郡を優先地域に指定し、緊急対応を行なっています。優先地域に指定されたのは、カトマンズ郡、ラリトプール郡、バクタプール郡、ヌワコット郡、ラスワ郡、シンドゥーパルチョーク郡、ラメチャップ郡、ゴルカ郡などで、プランの活動地域は含まれていません。

3、地震災害状況                                          SINDHUPALCHOK、カトマンズの約40マイル(65キロ)北東、海抜2,000mに位置している地区である。今回の地震はSindhupalchok地区にあった60,000戸の家屋の80%を破壊し、これまでに1,746人の死亡が確認されている。しかし、更に多くの遺体が発見されているSindhupalchokにおける死者の数は今後数週間で5,000人に昇る可能性があると推定されている。              カトマンズから車で約3時間かかるSindhupalchokの地形は、険しい山々や狭い散らばった村で、道路はくねり、救助活動を大幅に鈍化しています。一方、電気や通信回線が切断されて、さらに、住民を孤立させ、地区全体が分断されています。市民は、まだ到着していない救助者の作業を自分の手で行っています。

4、支援先候補のシンドウパルチョク小中学校の場所

住所:SINDHUPALCHOK DISTRICT MELAMCHI METROPOLITAN  WARD NO.8

 

一般社団法人 日本-ネパール親善協会

  • 私達は、ネパール連邦民主共和国の経済、社会、文化や、その中でのネパール人の暮らしについて共に学び、理解と共感を共有することから始め、両国の架け橋として、できることから一歩ずつ実現していきます。また、他のNGO組織とも連携し、これをネパール連邦民主共和国での活動に発展させて行きたいと思っています。両国のより良い「親善」と「ビジネス関係」の構築をとおして、心豊かな未来を目指しましょう!
  • 活動内容
    「皆さん !ナマステ!」一般社団法人日本-ネパール親善協会は2012年5月11日に設立されました。日本とネパール連邦民主共和国の民間レベルの交流を更に深めると同時に、ネパール連邦民主共和国の自立型産業の構築支援と、その過程で不可欠な教育支援等を目的としています。
  • 日本 -ネパール文化交流イベント
    文化・教育や観光ツアー等の企画・運営を通して、日本とネパール連邦共和国の友好・親善を促進します。
    ●芸術・文化・教育イベント企画・運営 ●ヒマラヤトレッキング企画・運営
    ●ネパール観光ツアー企画・運営 ●講演・セミナー企画・運営
  • ネパール連邦民主共和国の経済・産業及び文化・教育研究支援
    ネパール連邦民主共和国の経済の研究やコンサルタント事業を通して、日本とネパール連邦民主共和国の経済の相互発展を促進し、更にネパール産業の自立的発展を支援してゆきます。
    ●マクロ経済研究 ●産業・企業コンサル事業 ●文化・教育研究事業
    ●観光開発研究事業 ●農業・環境研究事業